ポストカードコレクション

2016Winter 第20回Post Card Collection×第11回 世界にたったひとつの灯り展 be京都ポスコレ20回記念企画 スケブ(=スケッチブック)交流会 について
28年度京都府文化力チャレンジ事業 アートトレーディングカード&スケブ交流会

be京都ポストカードコレクション委員会は平成28年度京都府文化力チャレンジ事業に採択いただきました。手書きで書くことが少なくなっている昨今、手書きで書く文化の啓蒙、及びアートを身近にコレクションしてもらいたい思いの元、全国からテーマに沿った絵はがきを募集し展示してきましたが、特徴のひとつである、原画作品が展示できる魅力を重視するとともに、多くの交流を図るため、アートトレーディング及びスケッチブック交流会を実施しました。

アートトレーディングカードとは

ハガキより小さい64×89㎜のイラストボード。そこに表現し、交換するという仕組みです。
1997年スイス人アーティストが展覧会の一環として、手作りで1,200枚のカードを制作し、仲間のアーティストにも参加を呼びかけ、展覧会の最終日のパーティーでカードの交換会を行ったことで、世界各地に広がりました。日本では、現在関東を中心にWEB上やスタンプアートを中心に交換会が広がっています。

be京都ポスコレにおけるアートトレーディングカード

京都ではほぼ前例がなかったため、「芸術文化交流」を目的にこの手法を導入してみることにしました。
アートをコレクションする、新しい文化を創造するきっかけづくりを行いました。

結果

切り絵、水彩、パステル、コラージュ、色鉛筆、4枚連作など表現は様ざま。
交流方法もあえて自由にしたところ、参加者自ら「みんなの作品がみたい」と言い、カードを並べ始めるなどおもしい展開に。アーティストからも制作意欲のわく交流だったと高評価でした。 小さなスペースの中に表現される芸術を通して、年齢の垣根を越え発想を刺激しあうことができました。

スケブ交流会

スケブとはスケッチブックの略。
その場でアーティストが表現する姿や実際にお話できる喜びもあり、芸術性の高い時間となりました。
参考:スケブ交流の進め方 http://posukore.com/about/sketch.html

  • 第19回Post Card Collection 2016Summer
  • 学生広報委員募集
  • ポストカード印刷
  • be京都
  • ページの先頭へ

ポストカードコレクションって?

ポストカードコレクションは2007年よりギャラリーbe京都にて開催されているポストカードの展示販売です。 年2回(6月、11月)、全国のアーティストを募集しテーマにもとづいた作品を一同に展示販売。 2012年よりポストカードコレクション委員会を設立、2013年からはジュニア部門も開催するなど年々参加者は増え、 現在約100名のプロ、アマ問わないアーティストが同じ芸術通じ交流する魅力ある開催となっております。 ジャンルも不問。遠方からもご参加いただきやすいよう、展示および運営はbe京都ポストカードコレクション委員会で行っております。 もちろん、皆様の積極的な広報、ご参加があってこそ成功しております。募集は開催のおおよそ3か月前より行います。ぜひたくさんのご参加、お待ちしております!